2021年10月28日(木)発売の週刊新潮(2021年11月4日号)にZeppy 代表の井村俊哉が取材されました。

「石炭株に資産の3分の2 “9億円”を投じた株芸人」と紹介され、三井松島ホールディングス<証券コード:1518>を購入した理由などを記事に取り上げていただきました。

▼記事タイトル
「石炭株に資産の3分の2 “9億円”を投じた株芸人」

▼週刊新潮 2021年11月4日号
https://www.amazon.co.jp/dp/B09HMGQZKR/ref=cm_sw_r_apan_glt_B2HWWDVB766FV651QB1S

▼週刊新潮はこちら
https://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/

 

井村俊哉 プロフィール

1984年生まれ。中小企業診断士。日本株のロングオンリーでα(超過利益)を追求する。国内の上場企業すべての業績と適時開示に目を通し、一日十数時間を投資に捧げる。妥協なき情報収集と個別株の深掘りが信条。

大学在学中に株式投資を始め、2011年に元手100万円で本格参入。2017年に運用益1億円、2021年には15億円を突破した。

2019年に株式会社Zeppyを設立し、同年に「Zeppy投資ちゃんねる」を開設。2020年にチャンネル登録数15万人に達する(現在休止中)。著書に『年収3万円のお笑い芸人でも1億円つくれた(日経BP社)』。「投資の可能性を解放する」をミッションにメディア出演などでも活動する。

<公式プロフィール>
井村俊哉

<Zeppy公式チャンネル>
YouTube:Zeppy投資ちゃんねる

<公式SNS>
Twitter :井村俊哉(@imuvill)

お問い合わせはこちらから